カテゴリー別アーカイブ: 売買物件(土地)

じゅんさい池で湯治にスキー??

 

新潟市東区にある「じゅんさい池公園」

春のしだれ桜がきれいで、夜にライトアップされた桜を見に行ったことがあります。

今回、「じゅんさい池」のことをしらべてみたら、驚くべき事実を知りました (新潟市のホームページから情報を引用してます。)

西池と東池という二つの池がある「じゅんさい池公園」。広さはなんと、約7.3ha。西池にはその名の由来となった、ジュンサイが生育しています。昔は、たくさんのジュンサイがとれて地域の特産物になっていましたが、周辺の宅地化に伴い、池の水位が下がり枯渇して全滅してしまいました。

現在は、阿賀野市(旧笹神地区)から移植したものが生育しているそうです。

ここからは衝撃の事実です。

その① 湯治場があった!?

かつては西池に「権現の湯」東池に「大仏荘」という湯治場がありました。池の水を汲んで沸かしていたそうです。湯治客は自炊をしながら1週間から10日滞在し、周辺の農家の人たちも利用していたとか。昭和39年の新潟地震の時も入浴できない地域の人達が大勢利用しました。昭和50年まで湯治宿は続いたそうです。

その②  スキー場があった!?

宅地開発以前は、国道113号と河渡までの間に、「物見山砂丘」と呼ばれる大きな砂丘地があり、そのヘッドにあたる物見山は標高28mありました。他にも札木山(標高20m)などの凸凹があり、斜面を使ったスキー場がありました。初級者向けの緩斜面から上級者向けの急斜面まであったというから驚きです! うまく止まれない時は池に落ちた人もいたとか・・・

今は平坦化され、大部分が宅地などに造成されていますが、ところどころ坂があったりして、少しだけその名残が感じられます。

住宅地に囲まれたじゅんさい池公園ではアカマツの林が作り出す安らぎの空間があります。池の周りを一周できる遊歩道を歩くと、池のまわりと住宅地との高低差を感じ、砂丘体のくぼ地にできた水面だということを実感できます。

 

じゅんさい池公園は、多くの動植物が生息しており、四季折々の風景や鳥のさえずりを感じます。広いので、毎日お散歩しても飽きないですよ。

 

そんなじゅんさい池公園に徒歩3分で行ける所に、売買物件がでました。

詳しくはこちらから → 向陽売地

 

 

 


早川堀

新潟市は水の都として発展し、かつては西堀、東堀をはじめ数多くの堀がめぐらされ、いろんなものを積んだ小舟が行きかっていました。

この写真は、昭和25年~30年の西堀通6番町付近の写真だそうです。

( 新潟中心商店街協同組合様のホームページより抜粋させていただきました。)

 

 

 

昭和30年代に入り、堀はすべて埋め立てられて「堀と柳の都」と謳われた景観は消えてしまいました。その風景を懐かしんで堀の復活を望む声により、旧早川堀の復元が行われました。(平成26年5月に完成)

4車線あった道路を2車線に減らし、水路を含む幅員7mの緑地帯や自転車道、歩道の整備、電線類地中化などの整備がされました。 お散歩にもいいですよ~(^^)/

(しかし、しかしその存在を私は数年前まで知りませんでした

 

 

その復元された早川堀の今は、こんな感じです。

堀の脇には柳とツツジが植えられていて、春にはきれいな花が咲きます。

ここでさまざまなイベントもあるようです。

 

そんなきれいな早川堀のそばに、売地があります。→   赤坂町売地

この近くにはスーパーマーケット、ドラッグストア、かわいいパン屋さんもあったり・・・

歴史のある町なので歴史のある家も多いですが、最近では新しい家もどんどん増えて人気のある場所になっています。

 

 

 

 

 

 

 


人気の長潟

 

長潟に売地がでました!

そこはなんと、公園が目の前。自分の庭のようです。子供も安心して遊ばせられますね。広さも61.62坪。ゆったりした敷地です。

 

鳥屋野潟も近く、毎日のお散歩コースになりますよ。四季折々の風景を楽しむことができます。春には桜がとってもきれいです。

 

 

 

エコスタやビッグスワンも歩いて行けるので、野球やアルビレックスの試合も駐車場や渋滞を気にすることなく、見に行けます。

 

 

公道に面したところは4mですが、その奥の敷地は歩道に面しています。(歩道は公園の一部)

なので、接面は4mということになりますが、旗竿地ではありません。そのことでの建築上の制限はありませんし、駐車場も問題ありません。

ただ接面が少ないので、価格を相場より安く致しました。

現在は建物がありますが、解体の上、更地渡しとなります。

 

興味のある方は、こちらをご覧ください。 → 長潟売地